保険外でもお得な東京で人気のおすすめ差し歯

差し歯といえば保険適応のものと、保険外で高くなりがちな2種類があります。

前者はレジンが代表的で、費用的に手頃ではありますが、質感や耐久性に欠点があるといえます。

一方の後者は、レジンでも金属でもないセラミックが、保険外を代表する差し歯として人気です。

人気の理由は仕上がりがとても良く、耐久性の点においても気にならないことが挙げられます。

また細かなデザイン性にも優れているので、色や形といった繊細な部分に強みがあります。

変色の恐れはまずありませんし、摩耗して変形する可能性も低いので、長期的に安心して使えるのが特徴です。

非金属なので口の中でも反応しませんし、反応しないので溶けたり変質する心配も皆無です。

ただ、このように非常に安定している素材なので、一般のクリニックでは治療費が高くなる傾向があります。

金額の目安はクリニックによりますが、平均的にには1本10万円前後になるのが普通です。

仕上がりと耐久性が良いので、長い目で見ると費用対効果に優れますが、実は高額になるのには理由が存在します。

その理由は診断を始めとして、治療や取り付けに掛かる手間などの諸費用です。

しかし、その大部分で治療費の約3分の2を占めているので、結果的にセラミック治療が高額になっているといえます。

保険外でもお得な東京で人気のおすすめ差し歯

ジャパンデンタルフロンティアは、そういった歯科クリニックの常識を覆す、低価格なセラミック差し歯を提供しています。

特徴としてはまず、オールセラミックでも1本5万円という金額に加えて、基本技術料が一律で2万5千円となっていることです。

しかも、この治療は東京の提携歯科クリニックで受けられるので、東京を中心に関東圏の人におすすめできます。

ジャパンデンタルフロンティアが提供する義歯は、正真正銘の一級品で、高品質と高耐久性を兼ね備えています。

形状は元の歯と遜色なく再現できますし、カラーバリエーションが豊富ですから、自然の歯に紛れ込んでも違和感を与えないでしょう。

オールセラミックは保険外なのに、何故ここまで低価格を実現できているかといえば、それは約3分の2を占めていた治療費のコスト削減にあります。

義歯そのものの価格は、これまでも1本3万円から5万円位で、後は技術的な治療費といった内訳です。

ジャパンデンタルフロンティアでは、差し歯の価格を抑えつつ据え置いて、いわゆる技術料を一律にすることに成功しています。

東京にある提携歯科クリニックで治療を受けると、何本でも一律2万5千円の技術料で済むので、1本なら約8万円の治療費に収まる計算です。

更に、ジャパンデンタルフロンティアが義歯の提供を行い、治療を提供する提携歯科クリニックでは、治療する歯の本数が増えても技術料はそのままです。

つまり、オールセラミックにする歯の本数が増えた時に上昇する費用は、純粋に義歯の歯科材料費だけというわけです。

10本でも20本でも保険外なのにお得で、しかもこれまで多くを占めていた技術料が上がりませんから、歯の治療を検討するならこちらがおすすめです。

提供される義歯は世界的に知られる有名企業の製品で、変色やアレルギーの心配は一切なしなのが魅力的です。

レジン製だと目に見えて変色しますが、セラミックには黄ばんだり黒ずむ恐れがなく、数年先も当初の品質を保てる可能性があります。

義歯で発生するアレルギーは、歯科材料に使用する金属による部分が大きいです。

銀歯だと溶け出すリスクがあるので、体に影響を与えたりアレルギー反応を引き起こします。

近年は安全性の高い金属も使われていますが、審美性の点ではセラミックに劣るのが実情です。

レジンなら溶け出す心配はないものの、変色という致命的な欠点を抱えていますし、それも短期間で発生するのが問題です。

材料費だけならセラミックよりも優位ですが、仕上がりでは全く勝てなかったり、ジャパンデンタルフロンティアが提示する金額だと優位性が低下します。

東京を中心に、保険外でも低価格な差し歯を提供しているジャパンデンタルフロンティアは、名古屋や大阪にも事業を展開しています。

提携歯科クリニックは東京よりも少ないですが、同一品質で費用対効果に満足できる、同様の治療を受けることが可能です。

差し歯治療を受ける人達に人気ですし、総じて評判が良いので積極的におすすめできる選択肢です。

身近なクリニックで治療を受けるのは簡単ですが、費用の総額を比較してみると、どちらがお得なのかは明らかです。

東京や名古屋、大阪でなければ治療を受けられない欠点はありますが、それ以上に治療費がこの欠点を吹き飛ばしてくれます。

使用される歯科材料は一流で、医師には確かな技術と経験が備わりますし、技術料が明確なので安心です。

これだけ魅力が豊富だと、人気の理由に頷けますし、実際に治療を受けて他の人におすすめすることもできるでしょう。

保険外の歯科治療が高いというのは過去の常識で、今は技術料を抑えた新しい選択肢に注目が集まっています。

人気のオールセラミックが東京で安く入れられるおすすめのサービス

JDFは、オールセラミックの治療が安く受けられるのでおすすめです。

オールセラミックの治療は、義歯がきれいであるため見た目を損ないたくはないという人に人気ですが、ネックになるのはその治療費用の高さです。

JDFはそんな治療費用の高さを抑えて、高品質でも適正価格で治療が受けられる点がおすすすめの理由です。

自費診療になる審美歯科治療はある程度の治療費の高さは妥協しなければなりませんが、JDFなら手の届きやすい料金設定なのでこれなら利用できるという人も多いでしょう。

具体的な料金は、技術料が25,000円で、それに義歯の費用が50,000円前後、それに加えてその他に治療に必要な費用があれば数千円程度取られるといった形です。

義歯の費用は入れる種類によって開きがありますが、特筆すべきなのが技術料です。

これは、何本治療しても取られる料金は変わりません。

従来では、一本ごとに技術料を取っていた歯科医院が多いですし、その内訳もかなり高額に設定されており、10万円近くにもなりました。

しかし、セラミックの義歯を入れるのに特別な技術を要するわけではありませんし、義歯のコストも30,000円から50,000円程であるため、この技術料金はとても高すぎるもので歯医者の稼ぎどころとなっていました。

それをJDFでは適正な範囲に収めましたので、格安で治療が受けられます。

人気のオールセラミックが東京で安く入れられるおすすめのサービス

内訳をみればわかるように、義歯の費用はさほど違いがなく、技術料を安くしていることで全体の料金が安くなっているのが安さの理由です。

したがって、安いからと言って品質が悪い義歯が使われるわけではないため、その点は心配する必要はないでしょう。

セラミックを選ぶメリットは、白くてきれいな歯を手に入れられるだけではありません。

金属アレルギーの方でも安心して使えるという利点があります。

一般的なレジン製の義歯は金属が使われています。

そのため、金属アレルギーの人が装着するとアレルギー反応を起こしてしまいます。

合わない物を使い続けると口内環境が悪くなり、様々な歯のトラブルの原因ともなります。

それが、セラミックなら起こらないため、金属アレルギーでも関係なく使うことができます。

また、金属は溶け出すので、それによって歯茎が変色することもありますし、表面は変色しやすいのでメンテナンスも大変です。

確かに保険適用で安価に治療が受けられるので多くの人が利用していますが、これらの点に不満を感じるのであればセラミックも選択肢に入れることをおすすめします。

セラミック製の義歯にもオールセラミックとハイブリッドセラミックがあります。

単純にセラミックと言えば前者を指すことが多いですが、歯科医院によっては後者をセラミックと呼んでいることがあるため注意が必要です。

違いは、オールセラミックがすべてセラミックでできていて、混ぜ物がない純粋なものであるのに対して、ハイブリッドセラミックはプラスチックの樹脂を混ぜているという違いがあります。

オールセラミックはほとんど変色しないのできれいな歯を保つことができますが、ハイブリッドセラミックは変色しやすいです。

コストは安くなりますが、その分デメリットが生まれるため、きれいな歯を求める方にはハイブリッドセラミックはおすすめできません。

JDFで扱っているセラミックはすべてオールセラミックであり、高品質な一流の物を使用していますので、きれいな歯を長く持ち続けることができます。

場合によっては治療に適さないため、メタルボンドで治療を行わなければならないこともありますが、製品がいくつかあるのでそれで解決できる場合も多いです。

JDFは、東京と大阪、名古屋に提携する歯科医院が複数あり、治療はそちらで受けることになります。

これら界隈に住んでいる方なら利用しやすいです。

一般的にこれら大都市圏の歯科医院では、普通なら治療費が地方都市に比べて高くなるという特徴がありますが、JDFのサービスなので前述の格安料金で治療が受けられます。

遠方からの治療にも適しています。

交通費はかかりますが、前述のように特に多数の義歯を入れる場合は価格差が顕著になります。

交通費分を差し引いたとしてもそれでもまだまだ安くなるはずですから、これまで高価で手が出なかったという遠方の方も検討してみて問題ないでしょう。

治療についての相談は、電話やメール、インターネットのフォームなどから行うことができます。

また、最初にはカウンセリングを受けることになるため、治療の要望を伝える事や、治療についての説明などもしっかりと受けることができるため、安心して利用することができます。

安いというと不安になることもありますが、以上のように安さには理由がありますし、セラミックの利点は多いです。

したがって、比較検討をしてこちらの方が良いと考えたのなら、十分選ぶ価値はあります。

興味がある方は問い合わせてください。

オールセラミック治療がおすすめ

外国では歯を美しく保つことが大人としてのマナーとなっており、日本でも芸能人を中心に美しい歯を持つことが当然となっています。

特に前歯は人と会話をするときに目立つ場所なので、美しく保つことが必要です。ただ神経が死んでしまったり、歯がぶつかって欠けてしまったりした場合は、歯の色が変色してしまうことがあります。

そんなときは差し歯をすることによって美しさを保つことができます。差し歯には保険が適用されるものもありますが、金属が使われていると黒ずんでしまって見えることがあります。そのため、美観を重要視するときはオールセラミック治療がおすすめです。

東京ではオールセラミック治療を安い費用で行っているクリニックがあり、1本あたり47000円という安い固定費用で行っています。費用が明確になっているので安心して治療を受けることができます。

1本あたり47000円で、その他にかかる費用として技術料があります。技術料は何本治療をしても一律25000円に設定されているところも大きな魅力です。治療を受ける前にカウンセリングを無料で受けることができますし、そのときに治療にかかる費用についても教えてもらうことができるので安心して治療を受けることができます。

Japan Dental Frontier(ジャパンデンタルフロンティア)