ダイレクトボンディングとオールセラミックの比較

前歯と奥歯の治療でとりわけ人気が高いダイレクトボンディングとオールセラミックですが、両方とも保険が適用されないので費用の負担額は若干大きくなります。

ただ保険が適用される差し歯や被せ物などの治療ですと、プラスチックや金属製の素材が使用されていますから歯と歯茎が変色してしまったり、金属アレルギーのトラブルに悩まされる可能性も否定できません。

ダイレクトボンディングとオールセラミックの治療であれば金属の素材は一切使われていませんし、変色することもないので安心でしょう。

それぞれ違いがありますので、比較した上でどちらの治療を受けようか検討していただきたいです。

まずダイレクトボンディングはプラスチックとセラミックを混ぜ合わせた素材を使っています。プラスチックとセラミックを混ぜ合わせることで、適度な柔らかさと硬さを兼ね備えているところが魅力です。

歯ぎしりなどの癖がある場合は強い力が加わりやすく、割れてしまったり欠けてしまうなどのトラブルが起こりやすいので注意が必要です。

ただそういった問題がなければ、耐久性も優れているので長く使い続けていくことができるでしょう。プラスチックが使われていますから、3~4年ほど経つと少し黄ばみや着色汚れが目立つようになるかもしれません。

前歯の治療をする場合は特に3~4年に一回はメンテナンスを受けるようにしたほうが良いです。

一方でオールセラミックは全てセラミックの素材だけで作られているのが特徴です。セラミックの素材は変色しにくい上に劣化しないので、美しい状態を長く保ち続けていくことができます。

他の治療方法に比べると耐久性が圧倒的に優れていますから、歯ぎしりなどの癖がある方でも安心です。滅多に割れたり欠けてしまうこともなく、メンテナンスを頻繁に受ける必要性もありません。

見た目も非常に美しく仕上がりますし、本物の歯と見分けがつかないので満足度も高いでしょう。ただオールセラミックの治療は費用が高額になりやすいです。

一本あたり7万円から13万円ほどかかりますしダイレクトボンディングのほうが費用の負担額は少ないです。

ダイレクトボンディングの場合は1万円から5万円以内のところが多く、リーズナブルな価格で治療をすることができますのであまりお金をかけたくない方にも最適です。

しかも治療の回数も少なく、2回ほどで完了してしまいます。

このような違いがあるのでご自身にあった治療を選択してみてください。

東京でおすすめ!オールセラミックの歯にする費用が安い歯科

ひどい虫歯になってしまいと神経にまで達してしまうことがあり、そうなると神経が死んでしまうので歯の色が時間と共に変色してしまうことがあります。

奥歯なら目立ちませんが、前部分の場合は会話をしていても目立つ部分なので、差し歯にすることが多くなっています。
東京にある歯科医院では、オールセラミック治療を行っています。オールセラミックは陶器で出来ているので、元々の歯の色と似通っていて目立つことがありません。

違和感がないので、笑顔にも自信を持つことができます。オールセラミックは保険が適用されないので治療費が高いというイメージがありましたが、東京の歯科医院では治療費が安いことが魅力になっています。

1本あたり47000円と固定の値段になっていますし、技術料は何本治療を受けても一律で25000円という安くなっています。治療費が高いのでためらっている人も、明朗会計でありさらに今までよりも治療費が安いので安心して治療を受けることができます。

最初に治療を受ける前に、無料でカウンセリングを受けることができ、そのときに見積もりをだしてもらうことができます。カウンセリングでは治療内容を丁寧に説明していますし、疑問や不安を解消することができます。

東京で安い費用のオールセラミック歯【1本47,000円】